住所貸しを活用すれば、会社設立もコストを抑える事が出来ますのでメリットが沢山あります。

住所貸しで難なく会社を設立

フリーランスや個人事業主として活動したくても、会社設立するだけの費用が無いという人におすすめなのが住所貸しです。

導入事例ランキング!

no.1

リフォーム業者でも住所貸しが可能

リフォーム会社を立ち上げる際に、資金繰りに苦労しましたが、住所貸しを利用する事でコストを抑える事が出来ました。

no.2

通信事業代理店で住所貸し

自宅兼事務所ですと、名刺に自宅と載せることに抵抗があったのですが、住所貸しを活用する事で問題をクリアすることが出来ました。

no.3

ホームページ制作事業で住所貸し

長年フリーランスで活動していましたが、正式に法人を立ち上げる時に住所貸しを利用する事でコストを削減することが出来ました。

no.4

フリーランスのライターで住所貸し

フリーランスでも、住所貸しを利用すれば名刺やウェブサイトに住所を記載することが出来ますので便利でした。

no.5

プログラマーで住所貸し

住所貸しであれば、普段使用するかわからないミーティングルームやレンタルデスクなどがあるレンタルオフィスよりも便利でした。

男女

プライバシーを守れる

現在はインターネット時代ということもあり、ネットを通じたビジネスを始める人も増えています。ネットショップなどは実店舗を持たないので自宅の住所を記載する人もありますが、それではプライバシーが気になるという人も少なくありません。そんな場合も住所貸しを利用すれば実際には住んでいない別の住所をショップの住所にすることができます。さらに起業する場合も自宅が居住専用の物件であれば登記ができないこともありますが、住所貸しを利用すればそうした問題も解決することができます。住所貸しには具体的にどのようなサービスがあるのかも知っておきたいところですが、レンタルオフィスやバーチャルオフィス、さらに郵便物を預かってくれる私書箱などがあげられます。実際に利用する際はそれぞれの特徴をしっかりと理解して最適なサービスを選んでいきましょう。

バーチャルオフィスとレンタルオフィス

住所貸しのサービスの中でも起業する人に人気となっているのが、バーチャルオフィスとレンタルオフィスです。どちらも同じようなサービスというイメージもありますが、内容はかなり違いもありますので利用する前にはしっかりと比較しておきましょう。まずレンタルオフィスは実際にビジネスを行うための場所を借りて、業務もそこで行うことになります。これに対してバーチャルオフィスはオフィスの住所は借りているもののオフィススペースは実際に利用しませんので、業務は自宅などで行うことになります。自宅で業務をしたいが、登記の関係で別の住所を利用したいという場合に向いているサービスです。そして実際にオフィスを使わないこともあり、レンタルオフィスと比べて使用料金は安く済む傾向にあります。借りる前にはそれぞれのサービスの特徴はよく理解しておきましょう。