住所貸しサービスを利用すれば、自宅と仕事場が同じでも違う住所で登記できます

HOME>トピックス>住所について考える

会社登記の際は注意

握手

昨今は新しい働き方として、自分のオフィスを持たずに事業を行う人も増えてきています。ですが、こうした場合に法人登記する時、住所はどこに刷れば良いでしょうか。物体としての会社がない場合は、登記の場所は自分の自宅になってしまいます。ですが、会社を登記すると住所が一般に公開されてしまうため、自宅の住所が公開されてしまうことになります。これはプライバシーの観点から好まない人も多いのではないでしょうか。そこで住所貸しです。

便利なサービスです

男性社員

住所貸しサービスを付けば、住所を借りてきてその場所で登記することができます。そうすると自宅の住所と会社の住所が違ってきますので、プライバシーの点で安心です。また住所貸しサービスは単純に住所を貸すだけでなく、その場所に来た郵送物を転送してくれたり、場合によっては電話やファックスの転送サービスも行ってくれたりします。フリーランス等で自宅がそのまま仕事場になっている人はこうしたサービスを活用してみることも検討してみましょう。

営業から逃げられる

住所貸しサービスで自宅と仕事場の住所を買えることはメリットが大きいです。例えば、営業マンのしつこい勧誘から身を守ることができます。営業の人達の中には、登記のデータを参考にして訪問営業をしたり、電話をしつこくかけてきたりします。こうしたことをされてしまうと、自分の仕事時間が無駄に取られてしまうため、非常に困ります。そこで仕事場と住所が別になれば、余計なセールスから身を守れるので作業効率が大きく向上します。

イメージアップにつながる

また、イメージの問題もあります。住所貸しのサービスは通常、都会の一等地の住所を貸しています。そうしたところを本社として登録しておけばイメージを大きく向上できます。特に新規の顧客は印象で選ぶことがありますので、こうしたことも大切です。